<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ユーモアのジレンマ(Humor Dilemma)

ユーモアのジレンマ(Humor Dilemma)をご存じだろうか。

以下の写真を見て欲しい。
e0127329_12415985.jpg

これはとある酒場のトイレである。

ご覧の通り、
左のトイレのドアには右のドアを指さす女性の手が、
そして右のドアには左のドアを指さす男性の手が描かれている。

一見なんの変哲もないトイレに見えるだろう。

しかし、特筆すべきは、
その女性と男性、それぞれの手首にWomen、Menと銘打たれ、
描かれたドアとは逆のドアを互いに指さしているのである。

描かれた絵が指し示すドアが文字の表わすものであるのか、
はたまたその文字が書き込まれたドアこそが文字の表わすものであるのか区別がつかない。


そう、冗談が冗談であるのかどうかわからないのである。


これをユーモアのジレンマ(Humor Dilemma)と"名付けた。"


まだ流行ってないようなので各々の裁量で使ってくれ。
[PR]

by jabonbolivar | 2009-02-28 13:50 | Spring Semester'09  

Mamma Mia!!

ん! 前方に障害物が!

ひらり


駐輪しながら、

e0127329_18242045.jpg

 (誰か既に踏んでるけど)危うくこいつのせいでスリップするところだった。

 こういうモノはコーナーを曲がったところやジャンプ台の前に設置するものさ。

 踏んだとしてもブレーキ掛けて鼻歌「♪」歌っちゃうけどね。


   ていうか前にもこういうバナナあったし!

 2年間ほぼ毎日乗ってるとこういう事には慣れっこだ!



障害物が多くてもショートカットしない方がゴールする頃に楽しかったと想えると思うな。
[PR]

by jabonbolivar | 2009-02-24 19:22 | Spring Semester'09  

火のないところに煙は立たぬ?

Introduction to Business(ビジネス入門)の教科書を読んでた時の事。

ふとあるコラムに目がとまった。

メキシコのコカコーラの成分はアメリカのものの成分とは違うらしい。

メキシコのコーラはサトウキビから取れる糖を、
アメリカのはトウモロコシから取れる糖を使っているという"噂"との事。


いや


それよりも

e0127329_16503924.jpg


メキシコ人は平均して一年に500本のコーラを飲んで、アメリカ人は410本のコーラを飲むらしい。




そらっそう。



とは、いくらメキシコ人とアメリカ人でもならないはず…

その詳しい数の出典は不明。


…教科書の情報。
Sockell, D. (Ed.). (2008). BCOR 1010 Introduction to Business (p. 127). The McGraw-Hill Companies.



ちなみにハーバードには通ってません。
[PR]

by jabonbolivar | 2009-02-17 18:20 | Spring Semester'09  

ある一日


アパートからすぐの中華料理店に夕飯を食べに行った。

それなりに人がいて方々から談笑が聞こえる。

隣に大学生らしい4人組の集団。そして前方に6人ぐらいのおじさんおばさんの集団。

その悲劇の男は後者の集団にいた。

人が何人かいると突如として舞い起こる
複数の集団内での複数の会話が一斉に死に絶える異次元の狭間に巻き込まれた男の事。

談笑が消え去り悲劇の男の厳かな声がこだまする。

"Yeah, there're 22 species es es es es es es."(ああ、22種いるんだ だ だ だ。)

しばしのしじまが中華料理店を支配する。

するとその場にいたみんなの気持ちを代弁するように
隣の学生の一人が押し殺しながら

".....They're talking about species!!!"(種について語ってるよ!!!)

方々から失笑がもれる。


悲劇の男は黙ってしまった。

かくして、異次元の狭間は彼の集団さえも巻き込んでしまったのだ。



しばらくして

隣にいた大学生集団の会話に耳を傾けた。

どうやら最近のロックについて語り合っているらしい。


大学生男が静かに言い放つ。
"Yeah, I love 'When Doves Cry'."(ああ、"When Doves Cry"が好きなんだ。)

しばしのしじまが彼の集団を支配する。


"いきなりプリンスの曲かよ!!!"



と、

突っ込みを入れた方がよかっただろうか…

※Princeは、音楽雑誌に「歴史上最も過小評価されているギタリスト」の1位に選ばれるほど、ギターのうまさが目立たなくなるぐらい"濃い"アーティスト。78年から活動中。




夕飯も食べ終わる頃には、前の集団もいつしか退出し
その中華料理店の空席が目立つようになってきた。

「人もいないし」、と本を読み始めた。

隣にはまだ大学生。

水を注いでくれるウェイトレス。


狭間が訪れた。




"中華料理店で一人で読書かよ!!"


って突っ込みが聞こえた気がした。




読者の皆様からも

"一人だったんかい!!"

って聞こえてきそうだ。



今、アパートの近くのカフェからWhen Doves cryを聞きながらブログを更新している。

前には中年の男性、ヘッドホンをして体を音楽に身を委ねている。かれこれ2時間ほど。


"ノリノリだな!!"


って言うかわりに笑顔で退出する予定。
[PR]

by jabonbolivar | 2009-02-14 14:26 | Spring Semester'09